心に不安・不調をかかえておられる患者さまがよりよい毎日を送れますように。うつ病・不安障害・認知症・不眠症・統合失調症…

WEB問診

TMS治療などの磁気治療について

TMS治療

TMS治療とは?

rTMS「repetitive Transcranial Magnetic Stimulation(反復性経頭蓋磁気刺激)の略」治療は、頭部表皮から非侵襲的に磁気刺激を加え、目標部位近傍の血流増加や関連する脳神経細胞群の活性化などをおこなう事で、精神症状の改善を図る米国発祥の治療です。
認知症中核症状の改善や脳梗塞後上肢麻痺の改善を目的に神経内科で使用されるなど、精神疾患以外の分野でも世界的に安全性と効果が認められており、諸外国でも同等機器が開発され、臨床応用が拡大されつつあります。

うつ病などでは思考や意欲を調整する背外側前頭前野の脳機能低下が生じており、同部位の血流増加や神経細胞活性化等により精神症状が改善する事が示唆されます。rTMS治療は磁気刺激で脳機能低下した部位のみへ安全かつ高効率に直接治療をおこなう事が可能です。効果等に個人差はありますが、全身投与となる西洋薬の服薬治療に比べ、副作用が少なく、治療効果が現れるまでの期間が短い事も特徴です。一回の施行で10日以上の効果持続を認めた例もありますが、寛解目的ならば週一回以上の頻度で治療継続することが望ましいです。

TMS治療

TMS治療への動機例

  • できるだけ薬を使わずに鬱病治療をしたい
  • 西洋薬の内服治療に抵抗感がある
  • 副作用の少ない治療をしたい
  • 服薬治療を続けているが鬱状態の改善が乏しい
  • 過量で多種の内服量を少しでも減らしたい

TMS治療の特徴

  • 西洋薬による治療に比べると副作用が少なく治療期間が短い
  • 多剤薬物治療で効果が乏しい場合も効果を認めることがある
  • 効果維持には継続施行が推奨されるも、中断による離脱症状はなく何時でも安心して止められる

鬱病への、TMS治療と一般的な薬物治療の比較(それぞれ個人差が大きいです)

TMS治療 一般的な薬物療法
治療期間 約3~4ヶ月 約1~2年
副作用 ほぼ無し
(施行中の軽い頭痛刺激程度)
消化器症状などの副作用を認める場合あり
(副作用軽減薬併用)
治療効果を
感じる最短期間
1~4週間 3~8週間

TMS治療の適否

うつ病や抑うつ状態を中心に施行適応を各施設の医師が決定します。将来的には強迫性障害などの不安障害、認知症、不眠症にも適応可能な場合がありえますが、現時点で当院は単極うつ病およびうつ状態の方を適応範囲としています。
逆に、頭頸部や心臓などに磁気が及ぶことが禁忌の病態には施行できません。頭蓋内の動脈瘤クリッピング等の手術後、人工内耳や心臓ペースメーカー留置術後、金属性プレートなど各種固定術後、血管拡張ステント留置術後などが考えられます。入れ墨やアイシャドウ施行の方、カラーコンタクト装着時、頭部外傷、てんかんの既往や治療中の方、妊娠中の方、未成年者や高齢者、希死念慮のある方も避けるべきとされています。その他、気になる病態の方は御相談ください。

既に別の医療機関へ通院されている場合は、患者さまから主治医に依頼して作成いただいた診療情報提供書などの情報を予め拝見し、当院での適否が確定次第、御連絡させていただいております。当院で施行不可決定となった場合は結果報告のみになりますが、御了解の程お願い申し上げます。

TMS治療の流れ(現時点では予約システム準備中)

①お電話でのご予約
TMS治療は完全予約制とさせていただいております。初めての方は、当院を初めて受診される方へのWEB問診の御回答をされた後、お電話でご予約下さい。
TEL: 06-6318-5525 「うつの磁気治療を希望します」とお申し込み下さい
(当予約は、医院ホームページ上の新規枠有無の表記とは関連性がございませんので御注意ください)

②症状評価および適用可否判断など(初回時のみ)
受診時期の症状や状況に対してTMS治療が適用となるかを担当医師が判断します。
※精神症状や身体状態によってはTMS治療が施行できない場合もありますが、安全施行の為ご了承ください。

初回来院時にお持ちいただく物
・保険証
・他の心療内科・精神科・身体各科に一月以上通院治療中の方は、安全かつ効果的な治療をおこなう為、主治医からTMS治療への了承や許可を得て、診療情報提供書や紹介状を御持参ください。

③TMS治療の実施
初回は、問診票記入、心理検査、諸説明および同意書類への御記入、機器セッティングおよび治療をおこないます。(30分から1時間程度)
2回目以降も予約制で、各回の施行時間は10分程度です。治療回数に固定縛りはございませんが、週1~2日ペースで合計20~30回程度以上おこなうことが推奨されています。
※施行時間や施行方法、回数、継続期間およびその効果等には個人差があります。

TMS治療の費用

(以下記載は、あくまで2022年6月初旬時期の想定で予定している情報群ですので、実際の開始時点では変更となる可能性があります。ひとつの参考として通院されるかを御検討ください。)

初回オンライン相談料:2000円
(WEB問診利用料、初回予約決定権などを含む)

治療費用:6000円/回(左側シーターバーストモード刺激のみ施行)

支払は全てクロンの事前予約決済システムを用いますので、予約時点でお支払い扱いとなります。

どの様な理由であれ、当日、お越しになられない場合や大幅な遅刻をされた場合には、TMS治療が施行できない事と、キャンセル費用として予約決済費用分を徴収させていただきます事を御了承ください。

キャンセル費用:6000円/回

関連する桂川洛西口くれたにクリニックとはシステムおよび価格、内容などが異なりますので御注意ください。

2022年6月時点での状況ですが、当院方式は他所の半額以下価格設定の為、予告なく費用変更となる可能性があります。

よくあるご質問

磁気刺激は痛いですか?

TMS治療装置での治療施行中だけ、断続的に前側頭部皮膚をデコピン程度に軽く叩かれる程度の刺激を受けますが、施行後には痛みなど残りませんのでご安心ください。

副作用はありますか?

TMS治療の副作用として、刺激中に一過性の頭痛や筋収縮けいれんを認める事があります。刺激が強すぎる場合には弱めることも可能ですので速やかに伝えてください。稀に、てんかん発作などが現れる場合もありますが、出現割合は非常に低く、施行後に持続することはありません。医師の状況判断で、施行中断させていただく場合や、その後の継続治療を中止する場合などがありえますが、安全重視のため御了解ください。

内服薬は継続しますか?

世界的にはTMS単独治療のみでも有効性が示されております。現在、既に服薬中の場合、内服は継続していても問題はありません。TMS治療継続中に症状が軽減するにつれ、内服薬が減量できることが多いですが、内服薬の離脱症状などの観点から、減薬の時期や方法には専門的な調整を要する事が多い為、内服薬治療してくれている主治医と御相談ください。
(保険診療と自費診療は混合できない公的ルールがあり、当院でTMS施行同日に保険診療はおこなえません)

磁気治療はどれくらい続けますか?

治療効果にも依りますが、1回10分程度の治療を週2日程度、合計20~30回程度継続すること以上の治療が推奨されています。
※回数や継続期間などは個人差がありますが、費用面含め無理のない治療をおこなっています。

注意する点はありますか?

MRIと同様に、磁気刺激で金属部に高熱を生じる場合があり、カラーコンタクト装着や、鉄分など金属を含む一部の化粧品使用時、金属製のピアスなど、火傷予防のため、施行日にはこれらを外していただき眼鏡などでお越しください。入れ墨など施術済の方は安全のためTMS治療はお断りしております。
時計やクレジットカード、電子機器などは磁気の影響を受け故障や使用不可となる場合が多く、出来るだけ貴重品なども御持参されませぬようにして下さい。当日も必要な場合には、予め外せるように準備し、担当者にもお伝えください。預かりの際、専用トレー等を準備しております。 身体周囲が磁気を帯びることで発生した上記と類似、関連する事態に対し、患者さま側で事前の御申告や御対応が無かった場合には、当方での責任は負えませんので御注意ください。

 

くれたにクリニック くれたにクリニック

〒564-0001 大阪府吹田市岸部北2丁目1-24
千里ガーデンクリニックビルⅡ3F TEL:06-6318-5525 TEL:06-6318-5525

診療時間
10:00

13:00
15:00

19:00

初診の方も二回目以降の方も完全予約制です。
休診日:月曜・木曜・日曜・祝日・土曜の午後

^TOP