心に不安・不調をかかえておられる患者さまがよりよい毎日を送れますように。うつ病・不安障害・認知症・不眠症・統合失調症…

WEB問診

TMS治療

TMS治療とは?

TMSとは経頭蓋磁気刺激の英語略記であり、頭皮外から変動する磁場刺激をおこなう事で、手術的侵襲なく頭蓋骨を飛び越え、標的とする大脳皮質部位などへ有効な刺激を届けられる治療法です。ターゲット周辺部位の血流改善や脳神経細胞活性化や神経ネットワーク正常化を目指して「うつ病」「うつ状態」の患者さまへの治療が世界的に安全におこなわれています。高エネルギーで減衰率の高い非効率的な直流電流刺激を用いる修正型電気けいれん療法と比べ、疾患の適応は狭いですが、頭皮外から磁場をかけてエネルギー効率が良いまま頭蓋骨等を超えた刺激が大脳皮質に非侵襲的に安全におこなえる点が優れています。日本では諸外国に遅れて平成29年頃に治療法の一つとして認められています。

TMS治療の特徴

  • 一部の大病院では保険適応となる入院下での集中的なTMS治療がおこなわれていますが、国の定める基準が厳しく、予約枠も限られており、受けたくても受けられないなど十分に普及していないのが現状です。
    当院では自由診療の扱いですが現状況を改善するべく、安全で効果的な治療選択肢の一つとして、TMS治療をおこなう機会を増やそうと努力しております。
    西洋薬の内服治療は化学生理学的に神経ネットワーク改善を目指しますが、TMS治療は電磁生理学的に神経ネットワーク改善を目指します。抗不安薬など鎮静系の薬剤以外であれば、両者を併用することも可能です。

当院でのTMS治療方法

関連する京都府向日市「医療法人 桂川洛西口くれたにクリニック」においても当院院長が施行担当医師としてTMS治療を施行しています。この度、当院でも通常保険診療が終了した夜間帯にTMS治療を開始します。
他医療機関でおこなわれている左側のみの通常刺激ではなく、通常刺激よりも短時間で高効率に同等効果の刺激がおこなえるシーターバーストモードなどを用い、治療時間短縮で患者さまの姿勢保持など身体的な御負担が軽くなるように施行しております。施行同日に左右両側を刺激するメニューもありますので御検討ください。TMS治療は自由診療(自費診療)のため、混合診療がおこなえない国のルールのもとでは、当院の別日で内服調整などの保険診療をおこないつつ、別日の夜間帯にTMS治療を受ける事も可能です。夜間帯であり、専用の予約システムや決済方法などを用いて施行するため、京都の刺激方法や価格設定とは異なります事を御了承ください。

ご来院いただいた後の注意点

治療の詳細は医療法人 桂川洛西口くれたにクリニックのホームページも御参照下さい。

くれたにクリニック くれたにクリニック

〒564-0001 大阪府吹田市岸部北2丁目1-24
千里ガーデンクリニックビルⅡ3F TEL:06-6318-5525 TEL:06-6318-5525

診療時間
10:00

13:00
15:00

19:00

初診の方も二回目以降の方も完全予約制です。
休診日:月曜・木曜・日曜・祝日・土曜の午後

^TOP