心に不安・不調をかかえておられる患者さまがよりよい毎日を送れますように。うつ病・不安障害・認知症・不眠症・統合失調症…

初めての患者様へ

初めて受診される方へ

1.初回ご来院・問診表の記入
【10分程度】

初めて当クリニックにお越しいただいたら、受付手続きの後、10分程度で問診票を記入していただきます。記入に際してご不明な点がありましたら、遠慮なく受付にお尋ねください。

ご予約なしで来院された場合には、他の患者さまのご予約状況により、当日受診が出来かねる場合もございますがご了承ください。出来るだけ事前のご予約をお勧めいたします。

■初診時お持ちいただきたいもの

  • 健康保険証(各種保険取り扱います)
  • 服薬中のお薬があればそのお薬と薬剤情報提供書
  • 他の医療機関に通院中の方は、可能であれば紹介状

2.臨床心理士または精神保健福祉士による予診【30分程度】

当クリニックの初診時には、医師による診察の前に「事前問診(予診)」を行なっております。ご記入後に問診票を受付へお持ちいただきますが、準備が整い次第、受付からお声掛けをさせていただき、予診にすすんでいただきます。予診では専門の資格を持った臨床心理士または精神保健福祉士が、患者さまのお話を詳しくおうかがいするなど、状態の正確な把握を行ないます。経過が長い場合や複雑な場合などには、情報整理や聞き取り違いを防ぐため、予めまとめていただいたメモなどをご持参賜れれば幸いです。
また、予診でお伺いした内容は医師と共有し、より充実した診断や治療につながるように心がけております。必要時には、心理検査を行なったり、正確な症状の確認や治療決定などのため再度同様のお話を医師による診察時にもお聞きしたりする場合がございますが、ご了承ください。

予診終了後は医師の診察に進みますので、トイレや休憩を兼ねて、しばらく待合室で待機していただきます。

※状況により事前問診(予診)を行なわない場合もございます。

3.医師による診察
【初回に限り30分程度】

準備が整いましたら、お声掛けで診察室にお入りいただきます。ご本人が希望される場合は、付添いの方と一緒に入室いただいても結構です。問診票にお書きいただいた内容と事前問診にてお聞きした内容を元に、医師が詳しい症状について必要な内容をお伺いしますので、不調や悩みをありのままにお話しください。経過が長い場合や複雑な場合などには、情報整理や聞き取り違いを防ぐため、予めまとめていただいたメモなどをご持参賜れれば幸いです。
こころの不調は、数日で劇的に症状が改善する事もありますが、そういう場合ばかりではございませんので、正しい服薬と定期的な通院は病気の治療にとても有効です。
症状が安定するまでの間は1週間に1回ずつしっかりと、その後は2週間に1回程度のペースで通っていただく 治療パターンが多いですが、これに限らず、もう少し長い周期での受診サイクルなど、可能な範囲で個別に対応させていただいております。

4.2回目以降の医師診察
【5分程度を想定】

2回目以降のご来院では基本的に医師の診察のみとなりますが、前回からの状態変化をお伺いし、今の患者さまの状態にあわせて薬の種類や分量などを調整しつつ、次回の受診日時を決めていきます。ご予約時間に遅れられた場合には、お待ちいただく時間が大幅に増えることもございますので、できるだけ予約時間の少し前にお越しください。遅れそうな場合にはクリニックまでお電話いただけると、お待たせする時間が少なくなるように予約変更できる場合もございま す。

前回受診後の、服薬状況(残っている薬の種類と数量)や、今の問題点リスト、症状変化などの経過をまとめたメモなどを ご持参賜れれば、的確な治療評価限られた診察時間の有効利用につながり、より深い診察と、今後の適切な治療内容決定に役立ちます。課題が多すぎる場合には、当日のテーマを重要なものに絞ってお聞きくださるほうが深いお話になるかと存じます。続きは次回に…

診察終了頃には次回の御予約もお取りしますので予定表などを予め準備し、ご希望に添えない場合もございますが、次回診察希望日時の候補をいくつかあげておいてくださると助かります。

診断書などの必要書類がある場合には、診察の一週間前などに、お電話などでその旨および記載内容などについて、ご連絡いただけると、当日に書類お渡しが可能となる場合もございますのでご検討ください。(内容によっては間に合わない場合もございますがご了承ください)

また、お出しした薬の 用法・用量をしっかりと守って内服していただくことで、症状の早期改善が期待できます。薬効の特性から、結果として、ある程度の治療期間がかかる場合もございますが、副作用を少なくし、できるだけ早く確実な症状の改善を得るため、内服遵守にご協力くださると幸いに存じます。(薬がどうしても合わない、と感じる場合は、無理をせずにご相談ください。まずは診療時間内にお電話くださるか、気づいた際に有害事象の記録を自宅等でしていただき、診察時にお持ちいただいて医師とご相談下さい。)

 

院内紹介

受付

待合室

診察室
落ち着いてお話ししていただけるよう完全個室になっています。

心理室
心理検査やカウンセリングなどに使用するお部屋です。

洗面

バリアフリーのトイレ

こんな症状の方へ

精神疾患として、うつ病・そううつ病・不安障害・統合失調症・不眠症・認知症などがありますが、以下のような症状があれば当院への受診を検討してください。

うつ病

  • 理由もなく、悲しくゆううつで意気消沈する
  • ふだん楽しんでいる事柄に対する興味や関心がなくなる
  • 食欲がないか逆に過食、すぐに疲れる
  • 不眠だったり過眠だったりする
  • 死について考える
詳しくはこちら

そううつ病

  • 過剰な「楽観的志向」「口数が増す」「自信が増す」「活動的になる」「頭が冴える」
  • 訳もなくかなしい・さびしい・むなしいといった気持ちになる
  • やる気がなくなる
  • おっくうになる
  • 楽しめたことにも興味や関心がなくなる
詳しくはこちら

不安障害

  • 突然、恐怖や緊張が押し寄せて死ぬのではないかと感じる
  • すぐに逃げられない混雑した場所などを避ける
  • 半年以上いろいろな不安や心配が起こりコントロールできない
  • 人前で居心地が悪い、避けてしまう
  • 汚れが気になり終始手を洗う、物事の確認が多い、嫌な考えを繰り返す
詳しくはこちら

統合失調症

  • 起きているのに夢を見ている様な体験、説明がつかない奇妙な体験が続く
  • 他の人が見えない物や聞こえない物に気付く
  • 周りの人が嫌がらせをしたり危害を加えたりするように感じる
  • 知らないうちに見られたり噂されたりしている気がする
  • 身の回りで特別なメッセージが送られていたり載っていたりする
詳しくはこちら

睡眠障害

  • 寝ようと思ってもなかなか寝られない。
  • 寝ている途中で目が覚めてしまう。
  • 朝早く目が覚めてしまう。
詳しくはこちら

認知症

  • 物忘れが進行してきた
  • 家族などに物を盗られた、という
  • 場違いな言動が増えた、物の使い方などを忘れた
  • 既にある同じ食べ物などを何度も買い込み、無駄にしている
  • いない筈の人や動物などが見える
詳しくはこちら

パニック障害

  • パニック発作と呼ばれる、急な息苦しさや胸の痛み、恐怖感、発汗、吐き気、動悸などの症状があらわれます。通常10分以内にピーク に達し、そこか ら段々と自然に発作がおさまって、数時間以内には不安が消失していきます。
詳しくはこちら

くれたにクリニック くれたにクリニック

〒564-0001 大阪府吹田市岸部北2丁目1-24
千里ガーデンクリニックビルⅡ3F TEL:06-6318-5525 TEL:06-6318-5525

診療時間
10:00

13:00
15:00

19:00

初診の方も二回目以降の方も完全予約制です。
休診日:木曜・日曜・祝日・土曜の午後