心に不安・不調をかかえておられる患者さまがよりよい毎日を送れますように。うつ病・不安障害・認知症・不眠症・統合失調症…

症状の解説

睡眠障害

睡眠障害とはどんな病気?

睡眠障害には、寝ようと思ってもなかなか眠ることが出来ない不眠症や、時と場所を選ばずに強い眠気に襲われる睡眠異常など様々な症状があります。その原因も様々なものがありますが、その中でも心理面や身体面が原因で起こる睡眠障害を内在因性睡眠障害と呼びます。

睡眠障害の主な症状

睡眠障害では主に以下のような症状があらわれます。気になる、当てはまる、と思うものがある場合は、一度、心療内科や精神科を受診されることをおすすめします。

  • 寝ようと思ってもなかなか寝られない。
  • 寝ている途中で目が覚めてしまう。
  • 朝早く目が覚めてしまう。
  • 熟睡感がない
  • 悪夢が多い

当院での睡眠障害の治療方法

睡眠障害の治療は睡眠薬を使用して行います。睡眠障害のタイプによって処方する薬の内容が変わってきます。また、睡眠障害はうつ病や不安障害などの他の病気が原因で起こっている場合もあります。
当院では、現在の睡眠状態と睡眠障害の原因など、症状をタイプの見極めをしっかりと行なうことを重要視しています。
また、睡眠薬は最初にしっかりと飲んでいただき、睡眠リズムが改善した段階ですみやかに減薬していくことが必要です。

患者様のご希望や症状に応じて、適宜漢方薬も併用した処方を行なっていきます。
漢方薬は根治を目指し、再発を予防する効果も期待されます。一般の睡眠導入薬に比べ、依存性や耐性が生じにくく、内服を終了する際にも、トラブルが生じにくいです。
不安やストレスの有無など、睡眠状態が悪くなる原因に合わせ、有効な漢方薬を選択する事が可能です。

※他院にて一般的な治療が奏功しない重度の睡眠障害の方は、専門的な睡眠検査や治療が必要な場合もあるため、診断および治療が確立するまでは、睡眠専門外来の受診をおすすめします。

ご来院いただいた後の注意点

  • 就寝2~3時間前などに、照明やテレビ、携帯電話、パソコンなどの光によって視覚に刺激が与えられると、脳にも刺激が与えられるため、寝付きが悪くなります。同様に睡眠薬の効果も落ちてしまいますので、睡眠薬は必ず寝る直前に飲むようにしてください。(ロゼレム®など少し内服方法が異なるものもあります。)
    もちろん睡眠薬を飲んだ後のテレビや携帯電話は厳禁です。
  • 治療において睡眠薬はあくまで補助的な役割を果たすものであり、朝しっかりとおきて光を浴びるなどの正しい生活リズムを作る事がもっとも大切です。

くれたにクリニック くれたにクリニック

〒564-0001 大阪府吹田市岸部北2丁目1-24
千里ガーデンクリニックビルⅡ3F TEL:06-6318-5525 TEL:06-6318-5525

診療時間
10:00

13:00
15:00

19:00

初診の方も二回目以降の方も完全予約制です。
休診日:木曜・日曜・祝日・土曜の午後