心に不安・不調をかかえておられる患者さまがよりよい毎日を送れますように。うつ病・不安障害・認知症・不眠症・統合失調症…

症状の解説

統合失調症

統合失調症とはどんな病気?

統合失調症は幻聴(いない人の声や悪口、自分の考えや行動のコメントなどが聞こえる)や妄想(見張られている・命を狙われてる・大きな力で自分が動かされているといった事実とは異なる強い思い込み)など多彩な症状が現れる病気です。20代前後の比較的若い時期に発病することが多く、高齢になってから発症するケースは比較的少ないです。症状は急にあらわれることもあれば、時間をかけてゆっくりと状態を変えながらあらわれることもあります。

統合失調症の種類

統合失調症には大きく分けて以下の3つのタイプがあります。

破瓜型(はか型) 破瓜型(はか型)
  • 破瓜型は、思春期前後に徐々に発病することが多く、またその症状(意欲・発動性の低下、感情の平板化、自閉傾向など)も目立たずに慢性的に続く場合が多くあります。
緊張型 緊張型
  • 緊張型も20歳前後に発病することが多いものの、激しい興奮状態と、昏迷状態(周囲に対する反応が極端に鈍くなる状態)という正反対の症状が現れます。一定期間を過ぎると症状は良くなりますが、症状が良くなったからといって治療を止めると再発します。
妄想型 妄想型
  • 妄想型は30歳前後で発病することが多く、一般的には3つの中ではもっとも治療経過が良好なタイプです。主な症状として妄想や幻覚が起こり、それ以外の症状はあまり認められません。そのため、本人の話をよく聞いてみないと、周囲の人からは病気と思われない場合もあります。

統合失調症の主な症状

統合失調症では主に以下のような症状があらわれます。気になる、当てはまると思うものがある場合は、一度心療内科や精神科を受診されることをおすすめします。

  • 悪口を言われていると感じる。
  • 誰かに命令されていると感じる。
  • 他人から危害を加えられていると感じる。
  • 誰かに後をつけられていると感じる。
  • 監視されている・盗聴されていると感じる。
  • 自分の考えや行動が他人の声で聞こえてくる。
  • 自分の考えがぬきとられたり、人の考えがふと頭に入ってきたりする

当院での治療方法

統合失調症の治療では、症状を抑えるための薬を飲んでいただくことが必要となります。ただ、当院では薬は過不足なく使用することが大切だと考えています。最初は症状を抑えるために薬をしっかりと服用していただき、症状が治まってきた段階で医師の指示で薬を減らしていく。それが症状をすみやかに安定させていい状態を維持しつつ、副作用を生じさせにくい治療だと思います。また、患者様のご希望や症状に応じて、適宜漢方薬も併用した処方を行なっていきます。

ご来院いただいた後の注意点

  • 症状が良くなったと思い、患者様の判断で薬を飲むことを止めてしまったために、ふたたび症状が重くなってしまうことがよくあります。飲んでいただく薬の量は患者様の状態を見極めた上で調整していますので、飲む量・回数など医師の指示をお守り下さい。
  • 社会活動に復帰するための基本は規則正しい生活です。特に、決まった時間の食事・睡眠を心がけてください。

くれたにクリニック くれたにクリニック

〒564-0001 大阪府吹田市岸部北2丁目1-24
千里ガーデンクリニックビルⅡ3F TEL:06-6318-5525 TEL:06-6318-5525

診療時間
10:00

13:00
15:00

19:00

初診の方も二回目以降の方も完全予約制です。
休診日:木曜・日曜・祝日・土曜の午後